とりあえずオーラスで

~ヲタクのツンデレぐるめ日記~

中洲ちんや

        |   次回 >>
【肉料理/すき焼き】

f:id:kittan7653:20190715134721j:plain

中洲の「ちんや」と言えば、すき焼きを始めとした肉料理が美味しいお店として有名で、数多くの芸能人・有名人が行っている事でも有名なお店です!私も好きな芸能人が行っているのを見て、いつかは行ってみたいと思っていた。でもお値段も高いし、気軽に行く感じじゃないからいつか行けたらな~ぐらいに思っていると、7月上旬友達から突然連絡が。なんと、ちんやが2019年7月27日をもって71年の歴史に幕を下ろすというのだ!!えー!そんな嘘でしょ…。あんなに有名で人気のお店が閉店なんて信じられないと思ったけど、これが現実…。そう、「推しは推したい時に推せ」という格言があるように「好きなお店(行きたいお店)は行きたい時に行け」という訳です←

冗談はさておき(笑)、もう時間がないから行くしかない!!とバタバタ電話予約。1階のレストラン(洋食)は予約不可のようですが、2・3・4Fの座敷(すき焼き・しゃぶしゃぶ等)は予約が出来るようだったので予約。でももうすぐ閉店という事でただ出さえ我らと同じように駆け込み客も多いし、祝日に予約という事もあり予約自体厳しかったですが、なんとか空いている14時からの時間をキープ…。その後は21時からとか言われた(笑)ちなみに予約の段階でメニューを選ばなくても良いようだったのでとりあえず席のみ予約しました!

 

f:id:kittan7653:20190715134658j:plain

当日、予約時間前に行ってみるとお店の前には長蛇の列…。店員さんに聞いてみると、やはり閉店を発表してからはお客さんが多いそう。この日はたまたま1階の洋食の方はあまり混み合わなかったようだが、上階の座敷はこの日の早朝あった山笠の団体客も来ていたみたいで混んでいたんだとか。予約はいっぱいでストップしていて、予約なしのお客さんが店の外まで並んでいたみたい。それも13時半頃には一旦打ち切りそれ以降はお断りしていたようで、並んでいる人までは案内すると言っていました。お肉は品切れする事ないんだけど、すき焼きの卵がなくなるんだそう(笑)

私達は予約をしていたので予約時間になると、予約している事を伝え、行列を横切りながら2階へと続く階段を登って行きました。2階に行き予約時間・予約名を伝えると、3階の席だったみたいなので更に階段で3階へ登ります。3階に行くと靴を脱ぎ、座敷へと進みます。

 

f:id:kittan7653:20190727144506j:plain

メニューはこちら。今回の目的は名物のすき焼き。

すき焼きは4,300円と5,400円の2種類があり、肉の量は一緒だが、肉質が違うんだそう。どちらも霜降り肉ではあるものの、どちらかというと4,300円の方が赤身多めの霜降り肉、5,400円の方が脂身多めの霜降り肉となっている。どちらを選ぶかグループで統一する必要はないけど、一緒の鍋で煮るのでごちゃ混ぜになりますよとの注意を受けた。

 

f:id:kittan7653:20190715141139j:plainf:id:kittan7653:20190715141144j:plain

f:id:kittan7653:20190715141159j:plainf:id:kittan7653:20190715141225j:plain

『すき焼き(1人前)』5,400円 (オススメ度:★★★★★)

 

f:id:kittan7653:20190715141357j:plainf:id:kittan7653:20190715141447j:plainf:id:kittan7653:20190715141526j:plainf:id:kittan7653:20190715141422j:plain

f:id:kittan7653:20190715141433j:plainf:id:kittan7653:20190715141457j:plain

『すき焼き(1人前)』4,300円 (オススメ度:★★★★★)

4人で行っていたので各2人前ずつ注文しました。

運ばれてきたお肉は2人前ずつ。思ったより大皿に盛られていてビックリ!お肉だけの皿が5,400円のお肉、野菜も盛られている皿が4,300円のお肉、この他に野菜だけのお皿の合計3皿が運ばれてきました。

 

f:id:kittan7653:20190715140852j:plainf:id:kittan7653:20190715140859j:plain

1人ずつ生卵と香の物も用意され、お肉・野菜が揃ったら店員さんが調理を開始してくれます!

ちなみに店員さんに断れば大丈夫ですが、お肉の写真を撮るなら調理が始まるまでに済ませよう!(笑)←

 

f:id:kittan7653:20190715141627j:plainf:id:kittan7653:20190715141647j:plain

まずは熱された鉄鍋に牛脂を馴染ませていきます。そこにまずはお肉を投下。

 

f:id:kittan7653:20190715141705j:plainf:id:kittan7653:20190715141718j:plain

f:id:kittan7653:20190715141724j:plainf:id:kittan7653:20190715141729j:plain

f:id:kittan7653:20190715141812j:plain

お皿に盛られたお肉全て入れるので、ここで赤身・脂身が混ざり区別がつかなくなっていくという事ですね(笑)お肉に焼き色を付けつつ、大量の砂糖・醤油を入れ味を付けていきます。

 

f:id:kittan7653:20190715141944j:plainf:id:kittan7653:20190715141950j:plain

f:id:kittan7653:20190715142017j:plainf:id:kittan7653:20190715142047j:plain

お肉の他に野菜はごぼう・白ネギ・玉ねぎ・春菊・しいたけ・えのき・白菜に、白滝・焼き豆腐があります。お肉が焼けたらこちらも順々に入れられていきます。お肉は火が通った時点で店員さんが「もう食べて大丈夫なので、どんどん食べてくださいね~」と声掛けしてくれるので、野菜を待たずに食べていきます。

 

f:id:kittan7653:20190715142209j:plainf:id:kittan7653:20190715143006j:plain

さて、お待ちかねのお肉を実食♡

んーとろけるとまではいかないけど、柔らかな肉質にお肉の味もしっかりしてる。見た目は赤身・脂身と混ざってわかり辛いですが、食べてみたら全く違う!赤身の方がより肉質がしっかりしていてお肉の味が濃い。脂身の方が脂の甘みが感じられます。どちらがお勧めかと言われても、どちらともそれぞれの良さがあるので甲乙付けがたいですね。うん、これは美味しい。しかもお肉を漬ける卵自体も濃厚で美味しい!白ご飯・味噌汁も到着し、お肉⇔白ご飯⇔味噌汁⇔香の物のループが止まらない!!!!(笑)

 

f:id:kittan7653:20190715142424j:plainf:id:kittan7653:20190715143202j:plain

f:id:kittan7653:20190715143451j:plainf:id:kittan7653:20190715143529j:plain

お肉を食べている間にもどんどん野菜が煮込まれていて味が染み込んでいっているのがわかります。

何回かにわけて砂糖と醤油を足していってました。本当にこの砂糖と醤油のみの味付けなのに美味しい。お肉と野菜の旨味が出てるからか、これ本当に砂糖と醤油だけ?というような単純な味じゃないんですよね。割り下文化の関東圏の方からしたら甘く感じるかもしれませんが、九州人なのでそこまで嫌な甘さではありませんでした。甘い事は甘いんだけど、良い甘さ♡

野菜や白滝・焼き豆腐も美味しかった~♪ごぼうはジャキジャキと良い食感だし、玉ねぎ・しいたけ・えのき・白菜は味が染み込んでとろとろ~♡白ネギと春菊は個人的に苦手なんですが、美味しかったです!味付けが甘めなので春菊の苦味が良かった!!そして全ての旨味を吸収してくれる白滝と焼き豆腐の懐の広さね←

お肉食べてる段階ではペロッといけちゃうので、足りなくない?お肉追加する?!って感じだったけど、野菜まで食べ終わる頃にはお腹いっぱい、大満足でした♡

 

お会計は4人合わせて21,120円。メニュー表には書いてなかったけど、すき焼き代の他に御飯代やその他が加算されていてみたいです。サービス料みたいなもんですかね(笑)
閉店してしまうのは残念だけど、最後に行く事が出来て本当に良かったです!

 

・すき焼き(1人前) 4,300円

・すき焼き(1人前) 5,400円

 

満足度 80点 ( 味:8 ボリューム:7 コスパ:5 接客:6 雰囲気:6 )

 

福岡県福岡市博多区中洲3-7-4 ※閉店※

TEL:092-291-5560

営業時間:(1F)11:30~14:00、17:00~22:00、(2~4F)11:00~23:00

定休日:日曜日

駐車場:無し

食べログhttps://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000129/