とりあえずオーラスで

~ヲタクのツンデレぐるめ日記~

嬉野温泉 旅館大村屋

【ホテル/旅館】
館内・客室編 / 夕食編 / 朝食編

《夕食》

部屋食のプラン(2名まで可)にしたので、お部屋の窓際のテーブル席に用意してくれました。

時間は18~20時まで30分刻みに設定出来、予約確認の連絡際に聞かれます。

 

f:id:kittan7653:20160925214206j:plainf:id:kittan7653:20160925214213j:plain

f:id:kittan7653:20160925214212j:plainf:id:kittan7653:20160925214215j:plain

f:id:kittan7653:20160925214210j:plainf:id:kittan7653:20160925214211j:plain

先付け「紅葉ムース、茸菊花和え、鮪皮なめたけわさび」

造里「鯛、平す、ヨコワ、槍烏賊、生雲丹、芽物一式」

小茶碗「うれしの豆乳蒸し」

 

右上のほんのり赤みがかった紅葉ムースはあまり味がわからなかった(笑)手前の茸菊花和えのおひたしのような一品。左上の鮪皮なめたけわさびはその名の通り、まぐろの皮となめたけの和物なのですが、まぐろの皮に脂が乗っていてこれが結構美味しい!わさび風味はあまり強くなくほんのり香る程度でした。

刺身のお造りは5種類の海鮮類が少しずつ盛られていて、ひとつずつ新鮮で美味しい♡

うれしの豆乳蒸しは餅入りの茶碗蒸しで、お餅以外の具材は入っていませんでした。

 

f:id:kittan7653:20160925214208j:plainf:id:kittan7653:20160925214209j:plainf:id:kittan7653:20160925214214j:plain

台物「嬉野茶しゃぶ若楠ポーク 野菜色々」

椀物「若鶏真丈 菊花仕立て 大黒しめじ 青柚子」

焼物「米茄子もろこし焼き 地酒・虎之児酒粕ソース」

蓋物「銀杏饅頭吹き寄せあん」

 

名産の嬉野茶がお出汁となっている嬉野茶しゃぶは、お野菜と若楠ポークのロースとバラの2種類のお肉をいただきます。そこまでお茶の風味は強く感じられず普通のしゃぶしゃぶっちゃしゃぶしゃぶでした(笑)

手前のお吸い物はさっぱりな味わいながら若鶏真丈に旨みが詰まっていました。

右上の米茄子もろこし焼きはとうもろこしの少し甘めの酒粕ソースが美味しい洋風な一品。

左上の銀杏饅頭吹き寄せあんは柔らかい饅頭を食べると口いっぱいに銀杏の風味が広がります。あんに入っていた干し海老がアクセントになっていました。

 

f:id:kittan7653:20160925214218j:plainf:id:kittan7653:20160925214217j:plainf:id:kittan7653:20160925214216j:plain

箸休「釣りあじあぶり 有明海生のり酢ジュレ

揚物「アボカドと秋鮭の春巻き」

食事「栗と銀杏の焚き込み、香物」

留椀「白味噌仕立て」

甘味「大村屋プリン 他一種」

 

箸休めのあじあぶりは、炙った事によって脂が増していますが、有明海生のり酢ジュレとすだちがさっぱり締めてくれていいお味♪

アボカドと秋鮭の春巻きはアボカドが強くて秋鮭はあまり感じなかった(笑)今時の春巻きですね(笑)

そして、栗と銀杏の焚き込みご飯・味噌汁・漬物となります。ご飯はフロントに電話するとおかわりできるとの事です(2杯目からは白ご飯になります)。

最後は大村屋名物だという大村屋プリンとコーヒーゼリー。大村屋プリンはプレーンと抹茶を1つずつ持ってきてくれました。想像と違い、さっぱりとしたプリンでした。

 

プラン名:【平日限定】朝寝坊&貸切風呂のほほんプラン

部屋タイプ:半露天風呂付き和洋室「牡丹」

食事:夕食あり 朝食あり

宿泊費:1泊1名 19,980円 (2名宿泊時)

 

満足度 68点 ( 味:6 ボリューム:6 コスパ:5 接客:5 雰囲気:6 )

 

佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙848

TEL:0954-43-1234

チェックイン:15:00 チェックアウト:12:00(通常10:00)

公式HP:http://www.oomuraya.co.jp/

食べログhttps://tabelog.com/saga/A4104/A410401/41002744/