とりあえずオーラスで

~ヲタクのツンデレぐるめ日記~

吉塚うなぎ屋 本店

【うなぎ】

f:id:kittan7653:20150701124438j:plainf:id:kittan7653:20150701124439j:plain

福岡市内でうなぎを食べようと思ったらまず出てくるのが「吉塚うなぎ」

博多華丸・大吉も良く番組とかで行っているのを見かけます。しかしながら、私は行った事がなかったので福岡市民会館での観劇の前に中洲周辺をふらふら~と散策してる時に立ち寄ってみました(余談ですが、吉塚うなぎっていうくらいだから吉塚にあると思ってたのに、全然中洲の川沿いっていうw)。

11時半過ぎに予約も入れず行ってみる…。店内に入ると店員さんもおらず、エレベーターと階段があるのみ。少し待っても店員さんが出てくる気配がなかったので、丁度出てきたお客さんに聞いてみると、まず2階の受付に行かないとと言われ階段で登りました。何も書いてないからわからないよ~(笑)登った先にいた店員さんに予約を入れてない事を言うとそのまま2階のカウンターに通してもらえました。なにやら予約は3階で予約なしを2階に通すよう。しかし、お昼前にも関わらずお客さんはいっぱいなのでこりゃ平日でも予約をしていった方が良さそうですね。私は1人だったので早く入れましたが、複数人だと待っていたようです。

メニューはうなぎ丼・うな重・蒲焼き・うなぎ会席料理や一品料理など、うなぎ屋さんのものが一通りある感じ。

 

f:id:kittan7653:20150701124440j:plain

『きも焼き』518円 (オススメ度:★★★☆☆)

うなぎが来る前にまずは肝焼きと思ったけど店内はバタついており、中々店員さんを捕まえるのも困難で、やっと来た…。良く焼けていて香ばしく、肝自体も大きい分プリっと感が強い。数量限定で遅い時間にはなくなっている事も多いみたいなので、お早めに!

 

f:id:kittan7653:20150701124441j:plainf:id:kittan7653:20150701124442j:plain

f:id:kittan7653:20150701124446j:plainf:id:kittan7653:20150701124444j:plainf:id:kittan7653:20150701124443j:plain

『(上)うな重』3,088円 (オススメ度:★★★★☆)

そして遅れてうな重も到着。肝吸いと香の物が付いています。

うな重はご飯と鰻が別々のお重でくるのが吉塚うなぎの特徴で、普通の乗っているうな重と思ったらこちらではうなぎ丼を注文しなくてないけません。そしてうな重のランクは枚数の違いのようで、注文した(上)は5切れの鰻が入っていました。この鰻を別皿のタレにつけて食べるのももう1つの特徴で、タレの具合を自分で調節出来るのが良い!タレにつけなくても十分鰻の味が堪能出来るし、タレにつけると旨味倍増。白いご飯にお好みの量つけれるのも白米好きとしては魅力ですかね(笑)鰻自体は身がやや薄いけどふっくら、皮がパリッと焼かれていて身より皮の存在感を感じます。この頃ずっと関東の鰻ばかり食べていたから、蒸しと焼きの違いが歴然!関東のとろける舌触りも好きだけど、生まれ育った九州のカリッとふっくらな鰻もやっぱり美味しい…。

 

・(上)うな重 3,088円

・きも焼き 518円

 

満足度 66点 ( 味:6 ボリューム:5 コスパ:5 接客:5 雰囲気:6 )

 

福岡県福岡市博多区中洲2-8-27 ※営業時間変更※

TEL:092-271-0700

営業時間:11:00~21:00

定休日:水曜日、年末年始

駐車場:無し

公式HP:http://www.yoshizukaunagi.com/

食べログhttp://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000017/