とりあえずオーラスで

~ヲタクのツンデレぐるめ日記~

WITH THE STYLE FUKUOKA (ウィズスタイル福岡)

<< 前回   |        
【ホテル/旅館】
館内・客室編 / ルームサービス編 / 朝食編

2年振りのwith the style fukuoka♡♡♡

2年前に初めて宿泊してから、年に1回は泊まりたいね~と話していたのに、何だかんだで去年は泊まれず…。やっと予定が合いそうだと、早々と2ヶ月前から予約して向かった(笑)

今回も車で向かったので、大通りより1本入ったホテルの裏にある駐車場に。前回は自分で入れてた気がするんですが、今回はキーを預けて係員が車庫入れしてくれるとの事(チェックアウトまでキーは預かるようです、また駐車場代無料)。そして荷物を降ろし、裏口より係員がロビーまで案内してくれます♪

 

f:id:kittan7653:20161026080758j:plainf:id:kittan7653:20161026080757j:plainf:id:kittan7653:20161025090633j:plain

ロビーのインテリアの配置が変わっていて、これまたちょっと違った雰囲気。

また、以前はチェックイン時に精算があり3,000円保証金?みたいなものも払っていたのですが、それもなくそのまま軽く手続きを済ませチェックイン。

エレベーターも以前はカードキーを認証しないとボタンが押せないというセキュリティシステムとなっていましたが、そのシステムも廃止(笑)しかもルームキーもカードキーから普通の鍵になっていました(笑)

 

f:id:kittan7653:20161025090646j:plainf:id:kittan7653:20161025090645j:plain

薄暗くムーディーなエレベーターホール・廊下を進んで今回宿泊するお部屋306号室。

前回泊まったのは恐らく305号室だった記憶ですので、その隣の部屋で左右対称の造りとなっていました。

 

f:id:kittan7653:20161025090634j:plainf:id:kittan7653:20161025090626j:plain

f:id:kittan7653:20161025090643j:plainf:id:kittan7653:20161025090627j:plain

前回同様、全室スイートルーム仕様のお部屋の中で1番ランクが下のダブルクイーンタイプ

シンプルでスタイリッシュな内装のお洒落なお部屋は、スイートルームを想像したらお世辞にも広くはありませんが、ビジネスホテルなどと比べるとだいぶ広々とした造りになっています。中央には2人でも十分ゆったりできるクイーンサイズのベッド。ベッドの上のかごにはバスローブとバスタオル・フェイスタオルが入っていました。ベッドの横には2人掛けのテーブル、加湿器も置いてありました。

 

f:id:kittan7653:20161025090641j:plainf:id:kittan7653:20161025090644j:plain

f:id:kittan7653:20161025090642j:plainf:id:kittan7653:20161025134733j:plain

ベッドの正面にはテレビや冷蔵庫・お茶セットなど置いているテーブルが…。テレビでは部屋に入った時からお洒落な音楽が流れています。その他、普通にテレビが見れたり、DVDプレーヤーも備え付けられてるし、huluなどの入っていて無料で動画視聴する事も出来ました。

テレビの横にはiPadとお茶セットなど…。iPadではホテルの案内やルームサービスメニューなど見れるようになっています。お茶セットは引き出しの中に入っていて、数種類のティーパックと数種類のグラス、茶菓子としてめんべいが入っていました。

机の上には常温のミネラルウォーター2本、エスプレッソマシンと1人3種類ずつカプセルがあり、簡単に本格的なエスプレッソが味わえます。隣のテーブルは書物などの作業も出来ますし、天板部分を上げると鏡があるので、簡易ドレッサーとしても使えるようになっていました。

 

f:id:kittan7653:20161025090638j:plainf:id:kittan7653:20161025090640j:plainf:id:kittan7653:20161025090639j:plain

テレビの下には冷蔵庫があり、冷蔵庫に入っているドリンクは全て無料。前回と微妙にラインナップが変わっていて、シャンパン・ビール数種類・瓶コーラ・瓶ジンジャーエール・白桃やりんごジュースなどのソフトドリンク・炭酸水・黒烏龍茶・ミネラルウォーターが入っていました。ちなみに、前回はあったターンダウンサービスはなくなっているようでした(頼めばあるのかな?)。

 

f:id:kittan7653:20161025090636j:plain

f:id:kittan7653:20161025090630j:plainf:id:kittan7653:20161025090631j:plainf:id:kittan7653:20161025090703j:plain

ドア入ってすぐ左側には洗面台・バスルーム・トイレ・クローゼットがあります。

バスルームは2人で入れるくらいの広さの浅い浴槽と、洗い場の広さも十分。普通のシャワーとレインシャワーがあり、曇りガラスで雰囲気も抜群です。お風呂にはシャンプー・コンディショナー・ボディーフォーム・バスソルトが使い切りタイプで用意されていました。

 

f:id:kittan7653:20161025090632j:plain

こちらもガラス張りのトイレは鍵なし(笑)

全自動のハイテクスタイリッシュトイレで、壁の豚ちゃんが可愛い(笑)

 

f:id:kittan7653:20161025090629j:plainf:id:kittan7653:20161025090702j:plain

f:id:kittan7653:20161025090628j:plainf:id:kittan7653:20161025090637j:plain

清潔感の溢れる2つの洗面所には石鹸・ボディーローション・歯ブラシ・カミソリ・ヘアブラシ・ボディタオル・ヘアゴム・コットン・スキンケアセット(化粧水・乳液・化粧落とし・洗顔フォーム)とアメニティも充実していました。

その奥にはクローゼットがあり、ガウンやルームウェア、スリッパなどが置いてありました。こちらのクローゼットは洗面台側と寝室側の両面から開ける事が出来、ハンガーも多いし利便性が高かったです。

 

f:id:kittan7653:20161025090635j:plainf:id:kittan7653:20161025090625j:plainf:id:kittan7653:20161025090624j:plain

そして外にはテラスが広がっています。

他の部屋との区切りが植え込みしかなく実質繋がっている状態なんですが、306号室は角の方にあるお部屋なので、めっちゃ手すりの角っこにかかってる…。しかも丁度部屋から一直線状に他の部屋のテラスがある状態だから、他のお客さんが出てきたら、うちの部屋が丸見え状態…。前回の部屋は角ではなかったので全然気にならなかったし、気温的にも良かったのでテラスによく出ていましたが、今回はあまり出ずカーテン替りの目隠しを常に閉じた状態で過ごしました。これはちょっと残念でした…。

ちなみに更に隣の307号室は角の奥まった場所にあるので、景色すら望めない(笑)こちらはホテル唯一のコーナーダブルクイーンというルームタイプらしく、景色は望めないけど逆に言うと他の部屋からも中が見えないので、他社に邪魔されないプライベート空間…お忍びなんかには良さそうですけどね(笑)人気かどうかは定かではありませんが、電話のみ?でネット予約は出来なそうでした。

 

f:id:kittan7653:20161025090656j:plainf:id:kittan7653:20161025090647j:plainf:id:kittan7653:20161025090648j:plain

f:id:kittan7653:20161025090651j:plainf:id:kittan7653:20161025090650j:plainf:id:kittan7653:20161025090652j:plain

f:id:kittan7653:20161025090649j:plainf:id:kittan7653:20161025090653j:plainf:id:kittan7653:20161025090655j:plain

そして4階には宿泊者専用ラウンジ・ペントハウスがあり、こちらのドリンク・フード類も全て食べ放題となっています。

ドリンクは瓶ビール・赤ワイン・白ワイン・シャンパン・グァバジュース・マンゴージュース・ミネラルウォーター・珈琲・紅茶やジャスミン茶などフレーバーティーなどなど、前回とそこまで変わっていない感じでした。食べ物は全体とラインナップや配置が変わっていて、ケーキ・マカロン・クッキー・ポテトチップス・ミックスナッツ・バナナチップス・チーズ・明太ディップ・ビーフジャーキー・ピクルス・オリーブなどがありました。前回はもっとゼリーなどのスイーツ系が多かったと思いますが、お酒も置いてるしおつまみ系が増えたんでしょうね。

またチェックインすぐの16時半頃に行きましたが先客が1組…更に2~3組来て、前回は終始貸切状態だったけど、今回は他のお客さんもちょいちょいいたな~。まあ、それでもゆっくりする事が出来ました♪

 

f:id:kittan7653:20161025090657j:plain

同じく4階のペントハウスの隣にある貸切ジャグジー

チェックインの際に何も案内がなかったので、聞いてみると空いてる時間予約が出来るとの事で20時から1時間予約して向かいました。

予約の際に「着替えは部屋で済ませ、専用のガウンとサンダルで行ってください」と言われ、その後すぐに専用のサンダルを部屋まで持ってきてくれたんだけど、前はこんなんだったっけ?と疑問を抱きつつ、言われた通り水着に着替えガウンとサンダルを履いて向かうと謎が解けました…。以前はスパの看板を入ってすぐに男女別の更衣室があったのですが、そこが今では鍵がかけられていて閉鎖状態なっているではありませんか。だから部屋から着替えて行けって事だったのか。2年来ていないと色々変わった所があるのね。

一応ジャグジーに行く前の廊下にタオルは用意されていました。

 

f:id:kittan7653:20161025090701j:plain

f:id:kittan7653:20161025090658j:plainf:id:kittan7653:20161025090659j:plainf:id:kittan7653:20161025090700j:plain

そしてジャグジーバス♪

ペントハウスの横の廊下を通って行くので、ペントハウスにいるお客さんから見えてしまいますがそんなの関係ありません(笑)この時期少し肌寒い気候ではありましたが、お湯の温度も高めに設定されていて気持ちよかったです。

ちなみに用意されたビール・オレンジジュース・炭酸水・スパークリングワイン・ミネラルウォーターなども全て無料です。なんて優雅♡

 

プラン名:55日前の早割ご優待プラン

部屋タイプ:ダブルクイーンタイプ

食事:夕食なし 朝食あり

宿泊費:1泊1名 16,000円 (2名宿泊時)

 

満足度 85点 ( 味:7 ボリューム:7 コスパ:7 接客:7 雰囲気:7 )

 

福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18

TEL:092-433-3900

チェックイン:16:00 チェックアウト:14:00

公式HP:http://www.withthestyle.com/

食べログhttps://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40019601/